エントリーした全員がピアノコンクール予選を通過!

エントリーした全員がピアノコンクール予選を通過!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

今年は新年早々から、生徒さんと一緒にコンクールに向けて頑張ってきました。

その成果が実り、見事!小野クラスからコンクールにエントリーしていた全員が、予選優秀の結果で本選に進むことが出来ました!

おめでとうございます!

ピアノコンクールで勝ち進むためには

コンクールは発表会とは違い、曲の完成度だけではなく、音楽的な表現力も審査されます。

なので、生徒の皆さんには

「この曲を聞いた時、弾いた時、どんな感じがする?」

という事を、何度も何度も質問して、それに似合うような曲作りをしていきます。

そうすることで、曲に対するイメージが沸き、どんな風に弾きたいかという事が分かるようになります。

・フワフワと、柔らかく飛んでいくような曲なのか

・物悲しくて、涙が出そうな曲なのか

・嬉しくて、スキップをしたくなるような曲なのか

まずは、自分の心に「どんなふうに聞こえる?」と問いかける事が大切なのです!

ピアノコンクールで審査員が求めているもの

生徒さんがコンクールを受けるたびに、よく親御さんや生徒さんから耳にするのが「音のミス」。

「間違えないように弾く」

という事はもちろん大切な事です。

でも、それは審査員の先生が最も聴きたいこと、ではないのです。

間違えないでピアノを弾いても、その演奏が記憶にとどまるような演奏でなければ、間違えないで弾くことの意味は全くなくなります。

どんなに速く弾いてもミスがなくても、ピアノコンクールには受からない

昔、私は幾つかのコンクールの審査員をしていました。

本当に、素晴らしい貴重な経験をさせて頂きましたが、そこで感じた事。

それは、ピアノコンクールで賞を頂くためには、速く弾けていても、音を間違えなくても、難しい曲を弾けていても受からない、という事です。

なぜなら、審査員の先生方が聴いている着眼点は、そこではないからです。

演奏速度や音のミス、難易度に目が行く人は、そこでしか音楽が判断できないのだと思います。

音楽は、本来はそうあるべきではありませんよね。

「この人の演奏、素敵だなぁ!」

そう審査員の先生が思うのは、その演奏に”心”を感じるからです。

音楽を心の目で感じ、それを指先から鍵盤に伝え、音楽を表現する。

それが、審査員の先生が聴きたいこと。

その音楽を表現するために、指の打鍵の正確さや、音色の出し方、音の強弱、デュナーミクなどといった表現を練習するのです。

本選は、上手な人の集まりですから、さらに色々な事が要求されていきますが、しっかりと先生のお話をよく聞いて、本選で入賞できるように頑張っていきましょうね!

 

 

 

ピアノコンクールの演奏に求められるもの

ピアノコンクールで求められる演奏

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

秋といえばピアノコンクールが段々と活気づいてくる季節でもあります。

きっとこのBlogをご覧いただいている方の中にも、コンクールにエントリーしている方がいることと思います。

「コンクールの予選を突破したい!」

そのためには何を気を付けて練習をしたらよいのでしょうか?

人と同じ練習ではピアノコンクールには受からない

藤沢ピアノ音楽教室の生徒さんには、過去にピアノコンクールで賞を頂いた生徒さんが何名もいます。

その時に、必ずお話させていただくことは

「コンクールは発表会とは全く違うもの」

という事です。

ピアノの発表会は、普段の練習の成果を発揮する場ですよね。

でも、ピアノコンクールにはそれは求められていません。

ちょっと厳しい言い方ですが、「ピアノが弾ける」という捉え方が違うのだと思っています。

「ピアノが弾ける」という本当の意味とは

**ココからの記事は上級者向けですので、レッスンで皆さんに求めていることではありません**

これもよく大人の生徒さんなどにお話しすることですが、ピアノレスナーの「ピアノが弾ける」という意味と、ピアニストの「ピアノが弾ける」という意味は、実は大きく異なっています。

ピアノが本業でないピアノレスナーは

「ピアノが弾ける=楽譜に書いている音が正確に弾ける」

という事だと思います。つまり、ここが目標地点なんですね。

でも、ピアノコンクールを目指す方や音大を目指す方にとってのピアノ演奏とは

「楽譜に書いている音を正確に弾く」というところがスタート地点なのです。

『ゴールだと思っていたのに、実はまだレースは始まっていなかった…』

こんなに衝撃的なことはないですよね。

考え方の違いで、得られる結果がまるで違うのですから、ピアノコンクールを受ける方はまずここの認識から変えていかなければなりません。

中々理解のしがたい世界だと思います。

でも、追及していくうちに、きっと意味は分かると思いいます。

なぜ人は音楽を聴いて感動するのか

上記の写真は、以前のピアノ発表会で生徒さんが連弾してくれた時のもの。

この嬉しそうに演奏する二人の笑顔が、本当に素敵で印象的な一枚ですよね。

これが、本来「音楽を演奏したとき」「音楽を聴いて感動したとき」に得られる表情だと思っています。

ピアノ演奏を聞いた時、なぜ人は「音楽っていいなあ~」と思うのでしょうか。

そこには、演奏する人の心があるからです。

✅何をその曲に想い

✅何をその曲から感じ取り

✅それをどのように音を使って表現したいのか

ピアノコンクールに求められているものは、これです。

✖音を正確に弾くこと、でもなく、

✖速く動く指を披露すること、でもありません。

「音楽を奏でる」という本当の意味を、是非考えてみてくださいね。

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸

藤沢ピアノ音楽教室の総合案内

お申込はこちらをクリッ

【~新規生徒様を募集しております~】
 
友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!


藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂・茅ケ崎からお越し頂いております。