エントリーした全員がピアノコンクール予選を通過!

エントリーした全員がピアノコンクール予選を通過!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

今年は新年早々から、生徒さんと一緒にコンクールに向けて頑張ってきました。

その成果が実り、見事!小野クラスからコンクールにエントリーしていた全員が、予選優秀の結果で本選に進むことが出来ました!

おめでとうございます!

ピアノコンクールで勝ち進むためには

コンクールは発表会とは違い、曲の完成度だけではなく、音楽的な表現力も審査されます。

なので、生徒の皆さんには

「この曲を聞いた時、弾いた時、どんな感じがする?」

という事を、何度も何度も質問して、それに似合うような曲作りをしていきます。

そうすることで、曲に対するイメージが沸き、どんな風に弾きたいかという事が分かるようになります。

・フワフワと、柔らかく飛んでいくような曲なのか

・物悲しくて、涙が出そうな曲なのか

・嬉しくて、スキップをしたくなるような曲なのか

まずは、自分の心に「どんなふうに聞こえる?」と問いかける事が大切なのです!

ピアノコンクールで審査員が求めているもの

生徒さんがコンクールを受けるたびに、よく親御さんや生徒さんから耳にするのが「音のミス」。

「間違えないように弾く」

という事はもちろん大切な事です。

でも、それは審査員の先生が最も聴きたいこと、ではないのです。

間違えないでピアノを弾いても、その演奏が記憶にとどまるような演奏でなければ、間違えないで弾くことの意味は全くなくなります。

どんなに速く弾いてもミスがなくても、ピアノコンクールには受からない

昔、私は幾つかのコンクールの審査員をしていました。

本当に、素晴らしい貴重な経験をさせて頂きましたが、そこで感じた事。

それは、ピアノコンクールで賞を頂くためには、速く弾けていても、音を間違えなくても、難しい曲を弾けていても受からない、という事です。

なぜなら、審査員の先生方が聴いている着眼点は、そこではないからです。

演奏速度や音のミス、難易度に目が行く人は、そこでしか音楽が判断できないのだと思います。

音楽は、本来はそうあるべきではありませんよね。

「この人の演奏、素敵だなぁ!」

そう審査員の先生が思うのは、その演奏に”心”を感じるからです。

音楽を心の目で感じ、それを指先から鍵盤に伝え、音楽を表現する。

それが、審査員の先生が聴きたいこと。

その音楽を表現するために、指の打鍵の正確さや、音色の出し方、音の強弱、デュナーミクなどといった表現を練習するのです。

本選は、上手な人の集まりですから、さらに色々な事が要求されていきますが、しっかりと先生のお話をよく聞いて、本選で入賞できるように頑張っていきましょうね!

 

 

 

ピアニスト・ランランの魅力とは!

 ピアニスト・ランランの魅力とは!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

皆さん、ランランという世界的ピアニスト、ご存知でしょうか?

ピアニスター、と私は呼びたいくらいですが、

彼には人を惹きつけるカリスマ性がありますよね。

人の心を揺さぶるピア二ストの秘密

大きなお目めで、いつも楽しそうに弾いているランラン。

何故こんなにも、聴衆を惹きつけるのか。

それは、彼の音楽にはパッションがあるからだと感じています。

ランランの演奏を聴いていると、そこには彼の音楽への愛情、と言えるほどの情熱が伝わってきます。

まるで、音楽が命を与えられているかの様に、曲が躍動感にあふれ、流れ出ていく。

それが、音楽を演奏することの本質でもあります。

よく多くのピアノレスナーが間違えること。

それは、楽譜に書いている音符を音にする、という作業のみを追求することです。

ピアノを演奏する、ということは、楽譜に書かれている音符を音にしたら、それで終わり、という世界ではありません。

そこを間違えると、無味乾燥な、つまらない演奏になります。

どんなに速く弾いても、超絶技巧でピアノを弾いても、全く感動しないのは、音楽を表現していないから。

音楽、とは、音を楽しむこと!なのです♪

私は幸運にも、ランランの貴重な幼少期の演奏と、ピアニスターに上り詰めて洗練
されたランランの演奏を生で聴いたことがあります!

本当に幸運だと思いますが、何と更に!

彼の公開講座まで、ウィーン国立音大に留学していた時に拝聴したことがあります。

その時に、彼の演奏を聴いて感じたこと。

それは、ランランの体の中には音楽が流れていて、その音楽が指を介して鍵盤に伝わり、音楽街が奏でられている、ということです。

これがまさに、人の心を惹きつける最大の魅力なのだ、と感じました。

自分の想いを曲に反映させる。

それは、まるで舞台で役者になったかのような印象を思い起こさせますよね。

・どうやったら、この場面が臨場感あふれる演技になるのか

・どんなトーンでセリフを言うと、ゾクゾクする感じがするのか

・どんな身振りでアクションすれば、目が釘付けになるような劇になるのか

音楽は目に見えないので、イメージすることが難しいのですが、こうして他の例に置き換えてみると、とてもよく理解することが出来ます。

音楽を心の目で聴くと、様々な情景や色々な音の変化を感じ取ることが出来ます。

それを指に伝えて、鍵盤から音を奏でていく。

これがまさに、上級者のピアノ演奏。

是非、毎日の練習を重ねて、自分の想いが表現できる指先を育てていってくださいね。

ここからが、本当の楽しい楽しい、ピアノ演奏の世界です!

レッスンのたびにピアノが上手になる生徒さん達

大人も子供もピアノがグングン上達しています!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

今年も残すところあと少し。

皆さんの一年の様子を思い浮かべながら、日々レッスンをしていますが、こんなにもピアノが上手になるものなのかと、感激しながらレッスンをしています。

・毎週来るたびにメキメキと上達している☆くん

・たった3か月で別人のようにピアノを奏でている大人の♪さん

1週間どのように過ごすのかで、ここまでピアノは上手になるものなのだと実感しています!

ピアノが上手になっている人に共通すること

ピアノを習っていれば、誰もが「ピアノを上手に弾けるようになりたい!」と思っているはずですよね。

これは、ピアノを弾く人ならばプロもアマも関係なくみんなが望む、永遠のテーマです。

習い始めの頃は、少し練習しただけで弾けるようになりますが、そこから徐々にイロイロと悩みが生まれてきます。

・大人でピアノを独学で弾いている方からは、「練習しているのに、中々弾けるようにならない」とか、「上手になったような感じがしない」というお声をよく耳にします。

・子供さんからは、「段々ピアノが分からなくなってきた」とか、やはり「練習しているのに、上手に弾けるようにならない」というお声が多いです。

そもそも、ピアノは独学で習得するのは難しい楽器。

だからこそ、練習の仕方にも工夫が要るのです。

レッスンに来るだけでは決して上達しないピアノ

多くの方が勘違いをしている事の一つ。

それは、”ピアノはレッスンに来れば上手になる”という事です。

でも、ピアノのレッスンの時間なんて1週間のピアノを弾いている時間から比べたら微々たる時間ですよね。

この時間だけでピアノが弾けるようになることは、ありません。

勿論、レッスンで何を教えてもらうのか。

これは最重要。むしろ、ピアノを習っている以上は”レッスンの質”を吟味すべきだと感じています。

ピアノレスナーの皆さんは、レッスンでしっかりと、ご自身がピアノが弾けるようになるエッセンスを頂いていますか?

ピアノを習っている方はピアノのレッスンを活用しよう!

ピアノのレッスンに来るだけでは上達しませんが、ピアノのレッスンで「何を学ぶのか」はとても重要です。

「ここ間違えているから直して来てね」

こんなレッスンを受けている方は要注意です。

練習しても上手に弾けないからピアノを習っているのですよね。

それならば、「どの様にしたら、その間違いが直せるのか」

その練習の仕方を教えてもらえなければ、中々弾けるようにはならないと感じています。

ピアノは練習の仕方によって劇的に変化する

ピアノは練習さえすれば必ず上手になるのか?と問われたら、答えはYesでしょうか、Noでしょうか。

???

答えはNoです。

練習の量が多いと、確かにピアノは弾けるようにはなりますが、でもそれが”ピアノが上手になっている”と言えるのか、と言えばNoです。

練習の仕方によっては、現状よりも好ましくない状況になることもあります。

そして、ピアノ上級者になればなるほど、練習量はその練習の中身を吟味しなければ、ピアノの練習量と上達度は比例しなくなります。

・最初から最後まで、曲を通す練習の仕方はしない

・うわの空で、指だけが動いているような練習はしない

・レッスンで言われたことは必ず直す、という注意力をもって練習する

実際にピアノレッスンの様子をお見せ出来ないのが残念ですが、この3つを守るだけで、次のレッスンまでの1週間で、ピアノを上手に弾けるようにすることが出来ます。

是非、皆さんもお試下さいね。

きっとレッスンで「先週より上手になったじゃない~♪」と先生から褒められますよ♡