大人でもピアノが上達する方法

大人でも、コツをつかめば確実にピアノが上達します

 

藤沢ピアノ音楽教室では、子供だけでなく、
大人の生徒さんも多数在籍しています。

大人の方はとにかく練習する時間がないですよね。
なので、「レッスンに行っても仕方がない」
と思われる方が多いのですが。実はそれ、Noなんです。

独学はやはり効率よくは上達しませんし、
自分では気が付かない癖もついていきます。

練習する上で気を付けなければいけないのは、
練習は同じことを繰り返すという事。

つまり、
繰り返す=強化する
という事なのです。

なので、週に一度は自分の弾き癖を確認し、
軌道修正をするのは大いに有効なんですよ。

 

子供と大人のピアノレスナーを比べた時、
子どものほうが伸び率が高い、
という話はよく耳にすると思います。

でも、大人の方の最大のメリットは
思考能力を生かして、有益な練習ができる
という点にあると思います。

実際、藤沢ピアノ教室の大人の生徒さんは、
週ごとに段々と上手になっています。
やはり、ピアノのレッスンを受けることは、
上手になる為の一歩だと感じていますピアノ

何年もピアノを弾いているのに、
あまり上手になっている感じがない。

レッスンを受けていない大人の方で、
そう思い当たる節があるのであれば、
レッスンを受けてみると新しい発見ができるかもしれませんねひらめき電球

ピアノ ピアノ ピアノ

ピアノの独学で上手になるのが難しい理由。

それは、自己流になるからです。

良くある事ですが、多くの方は自分で演奏している時、
自分の音をよく聴いていません。

でも、よ~く聴いてみると、
指がしっかり上がっていなかったり、
離鍵が上手くいかずに音がくっついていたり、
記号をよく守っていなかったり…

かなり色々なことが起こっていますハートブレイク

ピアノの上達を目指さない方には関係がないので、
是非この記事はスルーしてくださいね。

でも、折角ピアノを練習するのならば、
ピアノが上手に弾きたいと思う方は、
一度、ご自身の練習している本を確認してください。

大人でもピアノの基礎練習は大事です

 

大人で「ピアノを弾いています」という方の大半は、
ご自身が弾きたい曲しか練習していません。

上達を望まないのであれば、勿論これでOKですOK

でも、「ピアノが上手になりたい!」
そう願うのであれば、基礎練習の教材の導入はお勧めします。

「えー、どうして?」

そう思いますよね?

でもね、大人の方がピアノを弾くうえで一番支障になるのは、
(ピアニストはもちろん違いますよ)
指が的確に動かないことにあると思うのです。

今弾いている曲、最後まですらすら弾けますか?
つまずいている旋律、箇所はありませんか?
メロディーは流れるように弾けていますか?

このような根本的な原因を解決するには、
指の基礎練習、テクニックを強化する教材は、
とても有効です。

特にテクニック教材に関しては、
しっかりと取り組んでいけば、
ピアノテクニックが蓄積されていきますので、
演奏するうえでは大きな強みになりますキラキラ

とある「ピアノが上達するための本」には、
ピアノの基礎練習は全体の4割を占めるべきである
とまで書かれてありました。

意外にも侮れない基礎練習。
是非一度、見直してみてくださいね♪

ピアノが上手になる初めの一歩

ピアノが上手になる一歩は、

レッスンで何を注意されたのか確認する事。

 

今日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。
神奈川県藤沢市にある、子供のための藤沢ピアノ教室です。

 

前回の「良いピアノ教室の選び方」という記事に、
「弾けない所を先生がどの様にフォローしているかが大切」という事を書きました。

今日はそれをどう活かすのか、お話ししたいと思います。

 

皆さんは「何故ピアノのレッスンは毎週あるのか」考えたことはありますか?

習い事だから、というだけではないんですよ(笑)
それは、一週間の自宅練習で

・弾けなかった所を弾けるようにするため
・自分で気が付かない間違えを指摘してもらうため
・どうやった弾いたら綺麗に演奏出来るのか、そのノウハウを教えてもらうため

です。

だから、レッスンでは何を習うのかが重要なんです。

 

「今日のレッスンでは、先生は何をあなたに教えてくれましたか?

出来ない所やわからない所はきちんと解決できましたか?」

 

藤沢ピアノ音楽教室では、
開校してから常に守り抜いていることがあります。

それは、

「その日に出来なかった事は、必ず出来るようにしてお家に帰してあげる」ことです。

1週間練習しても、上手に弾けなかった。
そこが、ピアノのレッスンに来ても弾けないままで
お家に帰ったら、何のためにレッスンに来ているか、
何のためのレッスンなのか、分からないと思いませんか?

レッスンは、弾けない所を弾けるようにしてくれるところです。
そして、個人レッスンの最大の魅力は、
弾けない所をしっかりと先生にフォローしてもらいながら、
確実に弾けるようになるまで指導してくれる点だと思っています。

「弾けた!」その感覚を自分で掴まないと、
中々その練習をご自宅で反映するのは難しいです。
実技は、出来たという感覚を体で感じ、
それを再現できるように訓練していくことが、上手になる初めの一歩です。

ただピアノのレッスンに行っているだけでは、残念ながら上達はしません。

質の良いピアノのレッスンを受けて、それを練習に反映し、
自分の技術として身に付けていくことでピアノが上手になっていくのです。

そうすれば、確実にピアノは上達します。

しっかりとコツをつかんで練習すれば、
ピアノって必ず上手になるんですよ。
そんなノウハウを、またご紹介できたらと思います♪

1年前よりもピアノが上達していますか?

今日もBlogをお読みくださり、ありがとうござます。
神奈川県藤沢市、藤沢駅と藤が岡にある藤沢ピアノ音楽教室です。

今日は、「ピアノ教室の良い選び方」の入会後編です。

入会したら、それで安心していませんか?

ピアノはすぐに成果は出ませんが、
1年経っても譜読みが出来なかったり、
弾けるようになっていないと感じていたら、
親御さんはちょっとレッスンの様子を観察してみてくださいね。

そうそう。

お子さんが練習していなかったら、
それはレッスンの責任ではありません。
努力の足りなさが原因です。
決してお間違えの無いように^^

レッスンの良し悪しを判断するチェックポイントの一つ

それは、
「お子さんが弾けない個所を、どのように指導しているか」です。

ただ
「ここ間違ってるよー。直してきてね」
ではダメです。

どうしてでしょうか?

それは、子供は
「どうやって間違えを直していいのか」
が分からないからです。

ピアノは頭で考える習い事ではなくて、
指を動かして体感する、実践が大切な習い事です。

「どうやったら弾けるようになるのか」
それを体感して、実践していかなければ弾ける感覚が分かるようになりません。

音の間違えにしても同じです。

「ここ、音が違うよ」
だけでは、その音が違うことによって、
どう響きが変わってくるのかが理解できません。
なので、練習で間違えていても自分でそのミスに気が付くことができませんし、
この方法では何時まで経っても良い耳すらも育ちません。

自分で気が付かないとどうなるか。

自分で音の間違えを直そうという意識が働きませんね。

だから、間違った音が直らないのです。

  

昔、生徒さんの親御さんに
「自分で意識をしないと直らないんですか?」
と言われたことがありますが、
そのピアノは誰が弾くのでしょうか??

私が変わりに弾いてあげたいのは山々ですが、
お子さん本人が弾くのですから、
お子さんが意識をするしかありません。

ピアノという習い事の素晴らしい点。

それは、集中力だけでなく、
注意力も養えるという点です

「ここに気を付けよう!
そう思って弾いてごらん!」

そう言って導いてあげると、
小さなお子さんでも必ず弾けるようになるんです。

それが”注意する力”です。

藤沢ピアノ教室では、レッスンで上手に弾けなかった個所は
必ずその時間内に弾けるようにして、お家に返しています。
その課題によってはとても難しい場合もありますので、
時間が足りなくなってしまう事もありますが、
その時は必ず代価方法を親御さんにお伝えしています。

そうすると、次の週には必ず弾けるようになって来てくれます。

ピアノが上手に弾けなかった所が弾けた時の喜び。
それを感じることで、ピアノがだんだん楽しくなっていくんですね。

レッスンでお子さんが弾けなかった時の
先生のフォローの仕方は是非観察してください。

レッスンで「弾けた!」という感覚がつかめるまで、
レッスンして頂けているのならば安心だと思います♪