藤沢ピアノ音楽教室の春のピアノ体験レッスン会を行います♪

藤沢ピアノ音楽教室の春のピアノ体験レッスン会を行います♪

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

藤沢ピアノ音楽教室に通うお子さんは、み~んなピアノが大好き!

それは、ピアノが弾ける楽しみを知っているから。

3歳半で音符がスラスラと読めたり、ピアノを両手で弾けるようになったお子さんも沢山います。

その秘訣は、生徒さん一人一人に親身になって向き合い、きめ細やかなフォローをしていくレッスンにあります。

10人いれば、顔も性格も皆まるで違いますよね。

それと同じように、10人それぞれピアノを習ったとしたら、10人の学びは皆バラバラです。

その10通りの学びを、丁寧に紐解いていき、それぞれの良さ・個性を引き出す。

これが、藤沢ピアノ音楽教室のレッスンメソッド。

それぞれに見合った学び方だから、一人一人の長所を最大限に引き出すことが出来るのです。

 

小野先生に教わると、魔法がかかったように子供が弾けるようになるので、いつも凄いなあと感じています!

幼稚園でも、今練習している曲をみんなの前で弾いたりと、自分のピアノに自信をもっている姿を、本当にうれしく、有難く思っています。

(5歳さんのママより)

 

ピアノを習い始めた頃は、30分レッスンに集中できるか心配でした。

でも、いざピアノに通ってみると、意外過ぎるほどにレッスンを聴いている息子。きちんと椅子に座ってお話を聞いている姿に感激しました。

ピアノも今では両手で弾けるようになり、毎週ピアノのレッスンが楽しみの様です。

(5歳くんのママさん)

 

ピアノは導入期がとても大切。

ココをしっかりと身につける事で、その後のピアノの上達はメキメキと伸びていきます。

ピアノは誰にでも楽しく弾ける楽器です。

ピアノの学びは一生消える事のない能力です。

今の学びは一生の学びになる。

是非、それを藤沢ピアノ音楽教室で実感してください。

2021年3月より、前田河翔子先生の水曜日のピアノクラスが新規開講になります!

お子さまに大人気の水曜日クラス、それに加え、とても優しくて定評のある前田河先生のレッスン。

今なら、お好きな時間をご予約できますので、ご興味をお持ちの方は、こちらをクリックして下さいね。

☆藤沢ピアノ音楽教室
春の新規生徒様・体験レッスン会☆

2021年2月10日(水)13:00~

講師:前田河翔子(略歴はこちらをご覧ください

体験費:こちらのサイトからお申込みの方限定で、通常2000円のところが半額になります。

ピアニスト・ランランの魅力とは!

 ピアニスト・ランランの魅力とは!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

皆さん、ランランという世界的ピアニスト、ご存知でしょうか?

ピアニスター、と私は呼びたいくらいですが、

彼には人を惹きつけるカリスマ性がありますよね。

人の心を揺さぶるピア二ストの秘密

大きなお目めで、いつも楽しそうに弾いているランラン。

何故こんなにも、聴衆を惹きつけるのか。

それは、彼の音楽にはパッションがあるからだと感じています。

ランランの演奏を聴いていると、そこには彼の音楽への愛情、と言えるほどの情熱が伝わってきます。

まるで、音楽が命を与えられているかの様に、曲が躍動感にあふれ、流れ出ていく。

それが、音楽を演奏することの本質でもあります。

よく多くのピアノレスナーが間違えること。

それは、楽譜に書いている音符を音にする、という作業のみを追求することです。

ピアノを演奏する、ということは、楽譜に書かれている音符を音にしたら、それで終わり、という世界ではありません。

そこを間違えると、無味乾燥な、つまらない演奏になります。

どんなに速く弾いても、超絶技巧でピアノを弾いても、全く感動しないのは、音楽を表現していないから。

音楽、とは、音を楽しむこと!なのです♪

私は幸運にも、ランランの貴重な幼少期の演奏と、ピアニスターに上り詰めて洗練
されたランランの演奏を生で聴いたことがあります!

本当に幸運だと思いますが、何と更に!

彼の公開講座まで、ウィーン国立音大に留学していた時に拝聴したことがあります。

その時に、彼の演奏を聴いて感じたこと。

それは、ランランの体の中には音楽が流れていて、その音楽が指を介して鍵盤に伝わり、音楽街が奏でられている、ということです。

これがまさに、人の心を惹きつける最大の魅力なのだ、と感じました。

自分の想いを曲に反映させる。

それは、まるで舞台で役者になったかのような印象を思い起こさせますよね。

・どうやったら、この場面が臨場感あふれる演技になるのか

・どんなトーンでセリフを言うと、ゾクゾクする感じがするのか

・どんな身振りでアクションすれば、目が釘付けになるような劇になるのか

音楽は目に見えないので、イメージすることが難しいのですが、こうして他の例に置き換えてみると、とてもよく理解することが出来ます。

音楽を心の目で聴くと、様々な情景や色々な音の変化を感じ取ることが出来ます。

それを指に伝えて、鍵盤から音を奏でていく。

これがまさに、上級者のピアノ演奏。

是非、毎日の練習を重ねて、自分の想いが表現できる指先を育てていってくださいね。

ここからが、本当の楽しい楽しい、ピアノ演奏の世界です!

ピアノコンクールの演奏に求められるもの

ピアノコンクールで求められる演奏

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

秋といえばピアノコンクールが段々と活気づいてくる季節でもあります。

きっとこのBlogをご覧いただいている方の中にも、コンクールにエントリーしている方がいることと思います。

「コンクールの予選を突破したい!」

そのためには何を気を付けて練習をしたらよいのでしょうか?

人と同じ練習ではピアノコンクールには受からない

藤沢ピアノ音楽教室の生徒さんには、過去にピアノコンクールで賞を頂いた生徒さんが何名もいます。

その時に、必ずお話させていただくことは

「コンクールは発表会とは全く違うもの」

という事です。

ピアノの発表会は、普段の練習の成果を発揮する場ですよね。

でも、ピアノコンクールにはそれは求められていません。

ちょっと厳しい言い方ですが、「ピアノが弾ける」という捉え方が違うのだと思っています。

「ピアノが弾ける」という本当の意味とは

**ココからの記事は上級者向けですので、レッスンで皆さんに求めていることではありません**

これもよく大人の生徒さんなどにお話しすることですが、ピアノレスナーの「ピアノが弾ける」という意味と、ピアニストの「ピアノが弾ける」という意味は、実は大きく異なっています。

ピアノが本業でないピアノレスナーは

「ピアノが弾ける=楽譜に書いている音が正確に弾ける」

という事だと思います。つまり、ここが目標地点なんですね。

でも、ピアノコンクールを目指す方や音大を目指す方にとってのピアノ演奏とは

「楽譜に書いている音を正確に弾く」というところがスタート地点なのです。

『ゴールだと思っていたのに、実はまだレースは始まっていなかった…』

こんなに衝撃的なことはないですよね。

考え方の違いで、得られる結果がまるで違うのですから、ピアノコンクールを受ける方はまずここの認識から変えていかなければなりません。

中々理解のしがたい世界だと思います。

でも、追及していくうちに、きっと意味は分かると思いいます。

なぜ人は音楽を聴いて感動するのか

上記の写真は、以前のピアノ発表会で生徒さんが連弾してくれた時のもの。

この嬉しそうに演奏する二人の笑顔が、本当に素敵で印象的な一枚ですよね。

これが、本来「音楽を演奏したとき」「音楽を聴いて感動したとき」に得られる表情だと思っています。

ピアノ演奏を聞いた時、なぜ人は「音楽っていいなあ~」と思うのでしょうか。

そこには、演奏する人の心があるからです。

✅何をその曲に想い

✅何をその曲から感じ取り

✅それをどのように音を使って表現したいのか

ピアノコンクールに求められているものは、これです。

✖音を正確に弾くこと、でもなく、

✖速く動く指を披露すること、でもありません。

「音楽を奏でる」という本当の意味を、是非考えてみてくださいね。

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸

藤沢ピアノ音楽教室の総合案内

お申込はこちらをクリッ

【~新規生徒様を募集しております~】
 
友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!


藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂・茅ケ崎からお越し頂いております。