ピアノ上級者のためのワンランク上のピアノレッスン

ピアノコンクールで入賞するには

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

秋になり、ピアノコンクールも次第に増えてきて、受験シーズンも段々と近づいてきました。

「コンクールで予選を突破したい!」

「志望音大に絶対に合格したい!」

そんな方には、是非目指していただきたい”ピアノの演奏”というものがあります。

今日は、そんな一歩踏み込んだ、上級者のお話をしてみたいと思います!

ただ上手に弾いただけでは受からない

ピアノコンクールや音大受験を目指す生徒さんからよく聞くのが「間違えないように弾こう」という事。

これは大事な事ではありますが、最重要な事ではありません。

コンクールでノーミスで弾いたのに、賞に入れなかった、受験で合格できなかった、なんていう方は結構いるのではないでしょうか。

”音楽は何のために演奏するのか”

ノーミスで弾くことを求められているわけではありませんね。

聴いている人、弾いている人の心が潤い、豊かになるような、そんな魅力あふれる音楽を奏でるために、音楽は演奏するのです。

レッスンでは、そのようなお話はいつもしていますが、ある時小2の☆ちゃんがふと

「自動演奏のピアノってつまらない。だって、気持ちがこもっていないんだもの」

とお話してくれたことがあります。

気持ちがこもっていない演奏からは、やはり何も感じることは出来ません。

棒読みのお芝居はつまらないのと同じですね。

小さいころから、『音楽を心の目で捉えてピアノを弾く』という訓練をしたお子さんは、確実に耳が肥え、数年後にはまるで違った音楽感でピアノを奏でるようになります。

小さな頃の、子供の頃の学びは、大人になってからでは学び得る事が出来ないほどの、とても素晴らしい、かけがえのない財産になります。

ピアノの能力は、一生消えることのない能力。

導入期は最重要であり、今の学びをしっかりと吟味してほしい、と再三Blogで書いているのは、こういう事でもあるのです。

大切なのは『音楽を感じる心・表現力』

では、具体的にはどうしたら音楽を心の目で感じ取ることができるのでしょうか。

それは、日頃の音楽に対する接し方にあります。

ピアニストであれば、その大部分は毎日のピアノの練習、という事になりますね。

私の生徒さんであれば、日頃からいつも言われているのは「曲が、どこで、どんな風に、どのように変化しているのか」ということ。

自分の耳でよく聞いて、そして、それを聞いてどのように自分の心は感じるのか。

悲しい?

楽しい?

嬉しい?

明るい?

暗い?

何でもいいのです。

間違えはありません。その人がどのように思い、感じたのか。それがとても大事なのです。

曲の特性をつかむ

自分の心が、その音楽を聞いた時にどのように感じるか。

それはピアノを演奏するうえではとても大事な事です。

でも、それだけでは独り善がりの、自分勝手な演奏になってしまいますね。

そこで、曲の雰囲気だったり、特徴だったり、どの様に楽譜に書かれているのか。

そういった事から、曲の特性をつかみ、作曲家が何を考えて、何を思い、どのようにこの曲を演奏してほしかったのか、そういった事を楽譜から読み取っていきます。

これが、音楽的にピアノを演奏する、という事になります。

もっと言えば、実はそれだけでは足りなくて、曲が作られた時代、そしてそれを作曲した時の社会的な背景だったり、作曲家の年齢や状況etc…

ピアニストって実はこ~んな事まで考えて、演奏しているのです!

自分の曲への想いをピアノで表現するには

「ここを、こんな風にピアノで弾きたい」

そう思った時に皆さんが気付くことは、指は自分の思うような音を全く奏でてくれない、ということではないでしょうか。

音符は正しい音を弾いているのに、音楽として綺麗に聞こえてこない。

「曲を演奏するうえで、音を正確に弾くことは、最重要ではない」

この言葉の意味が、ここでよ~くお分かりいただけると思います。

自分が思ったようにピアノが弾けないのは、表現力の乏しさという問題もありますが、一番問題なのは、やはり自分の思うように指がピアノを奏でてくれない事ですよね。

指先のタッチ(打鍵)で変わるピアノの音

一つの曲の中には、様々な音楽的な表現が求められています。

いつも同じ打鍵の仕方では、出てくる音も同じ。

風景や情景が変わっていくと、気持ちはそれに合わせて変化していきますよね。

それと同じで、ピアノの演奏も曲の変化に合わせて表現していくと、とても共感できる、魅力的な演奏に変わります。

「ここから明るい曲調になった♪」

そう感じたら、音も明るい音に変えて演奏できる事が理想です。

明るい音にするには、どのようなタッチでピアノを弾けばよいのか。

皆さんの指を見ていると、ほとんどの方が無意識に指を動かしていますが、そこには指先のコントロール、タッチの質を変える、という事をしなければ、その明るい音は表現できません。

思い通りの音を出すために、まず絶対的に必要なことは

✅自分の考えやイメージがそこにあるのか、

そして、そこから

✅その音を表現するには、タッチをどう変えていくのか、体や腕、肘、手首はどのように使っていくのか

✅その音は、自分の理想の音なのかを自分の耳で聴き分けられるか

ここまで、少なくとも考えて演奏しなければいけないのですが、それを表現出来るだけのテクニックが、自分の指にはあるのか。

そんなことを、レッスンではじっくりと追及しています。

繊細な音の変化に耳を澄ませ、一つ一つの表現を大切にした演奏は、やはり聞いている人の心をつかむ、素敵な演奏になります。

「ただ上手にピアノを弾いただけではダメなんだ。センセーショナルを引き起こすくらいに上手に弾かなければならない」

そんなことを、ウィーンの師匠には言われていました。

奥の深い音楽の世界。

ワンランク上のピアノを目指す人のためのレッスンを、藤沢ピアノ音楽教室ではご提供しています。

 

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸のハロウィンリトミック

● 英語りんりんリトミック@鵠沼海岸のハロウィンリトミック

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

10月27日(火)の英語りんりんリトミック@鵠沼海岸では、今月2回目のハロウィンレッスン!

今回は、体調不良のお休みさんがチラホラいて残念でしたが、新しいワークがいくつか登場しましたよ。

そのうちの一つが、こちらのドイツ製の絵合わせ玩具↓

木のぬくもりが伝わってくる、心癒されるおもちゃ。

ドイツのおもちゃは、そんな心にやさしい感じの物が多いのですが、この絵のタッチも外国っぽい…

外国のおもちゃの難点は、絵が分かりにくいこと。

でも、そんなときはそれを活用して、是非こう言ってみてください!

「これ、何の動物かな~? Can you guess?」

「What is this animal? 何の動物か当ててみて!」

「」の中の、どちらか一方を日本語にするだけで、前後の流れから英語が理解できてしまいますよね。

工夫次第で、子供たちは通訳しなくても場面で言葉を理解し、覚えていく事が出来ます。

英語脳を作る時に、とても重要なPoint。

それが実はがココなのです!!

大人気の英語カード!

日本人が英語が話せない理由の一つが、言いたいことをに異本後から英語に訳する流れを、無意識に頭の中で置き換えているから、と言われています。

これは、英語を聞いた時に瞬時に理解できない、という事でもあるのですが、理由は分かりますでしょうか??

それは、

『日本語→英語』
『英語→日本語』

という前後の流れの矢印の間に、”通訳”、という無駄な置き換える作業が入っているからなのです。

最もお勧めする英語勉強法は、英語を理解するときに、間に日本語訳を入れないで、英語そのものを覚えていくようにすること。

大人は大変かもしれませんが、子供は簡単にこの作業が出来てしまいます。

ピアノも言語も、やはり何事においても【初めが肝心】ということですね。

そして、お楽しみの工作の時間!

今回は、あらかじめ用意しておいた紙パックに、カボチャの形に折った折り紙に顔を書いて、それを貼って、かごを作りました。

みんな、色々な色の箱を選ぶところから「何色にしようかな~?」と悩んでいました。

それぞれ好きなモールを選んで、穴に通したら完成!

「Trick or treat!」

と言って、みんなお菓子を箱に入れてもらいました♪

子供たちは、お菓子にくぎ付け♡

楽しい英語りんりんリトミックのハロウィンレッスンでした!

次回は11月10日と24日の火曜日です。

今度はどんなワークをしようかな~~~?

お楽しみに!!

【英語りんりんリトミック@鵠沼海岸】
11月10日・24日(火)10:00~10:50
・場所:Sea side
藤沢市鵠沼海岸5−13−30
・参加費:
親子一組通常2000円のところ、初回参加者はお試しとして半額の1000円です♪
・参加方法:
ご希望の方は
①参加するお子さまのお名前と年齢
②ご連絡先
③英語/リトミック経験の有無をお書き添えの上、
pianola@hotmail.co.jp
までご連絡をください。
24時間以内にご返信のない場合は、大変お手数ですが再度ご連絡をよろしくお願いいたします🤲

「調性判定」をマスターして志望校に合格しよう!

「調性判定」をマスターして志望校に合格しよう!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

10月も終わりに近づき、段々と受験シーズンに突入する時期となってきました。

音大や音高受験を控えている皆さんは、この時期どうやって過ごしていますか?

実技練習ばかりしていませんか?

志望校に合格するには、実技試験の準備だけでなく、副科もしっかりとこの時期に準備をすることが大切です。

音大受験で志望校に合格するためには

志望校に合格するためには、考えなければならないことは実技試験だけではありません。

楽典や聴音、新曲視唱などの副科で、まずは満点を目指して試験に取り組む。

これが、志望校に合格するための第一歩です。

勿論実技試験はとても大切です。

だからこそ、今のうちに副科を強化する必要があるのです。

受験日までの勉強スケジュールを立てよう

実技試験を頑張るためには、受験前の一か月は実技練習に出来るだけ専念したいところ。

そのために、今の時期は副科を頑張る必要があるのです。

よく受験間際になって、「聴音が出来ない」とか、「この問題が分からない」といった声を耳にしますが、そうなると気持ちばかりが焦り、実技練習どころではなくなります。

聴音は特に、短期間では出来るようにはなりません。

時間配分をしっかりと考え、勉強のスケジュールを立ててくださいね。

楽典でネックになる「調性判定」の解き方

楽典問題で、自信をもって答えられないのが「調性判定」。

一番良いのは、問題を歌ってみて、何調の感じがするのかを感じ取る方法が良いとされていますが、複雑な問題になると、歌ってみても何調になっているのか分からないように記譜されています。

そんな時は、「音階固有音」を導きだして、調性を判定します。

「音階固有音」とは

初めて聞いた人も多いと思いますが、音階固有音とは、その音階を構成している音、のことを言います。

上記の変ホ長調で考えると、変ホ長調を構成している7つの音、「ミ♭・ファ・ソ・ラ♭・シ♭・ド・レ」が、音階固有音になります。

調整判断で問題となるのが、♭や♯で音が変わっている音が、果たして音階固有音なのかどうか、という事です。

曲を聞いてみるとわかると思いますが、いつもずーっと同じ調子で進んでいく曲はあまりないですよね。

「ここは、こんな気持ちで奏でたい!」

そんな気持ちの揺れを曲にあらわす時、♭や♯を付け加えることで、音に変化を与えます。

それが音楽の雰囲気を変えていたり、曲想の変化をつけているのです。

実際に曲を聞いてみて、音階固有音を感じてみよう

これはジャズの名曲「Misty」

この曲は♭3つの変ホ長調(青で囲っている部分)で書かれています。

うっとりした曲の雰囲気が人気の秘訣ですが、曲の途中の殻雰囲気が変わり、曲が揺れ動いていきます。

その所の楽譜が、この写真の抜粋部分です。

演奏で聴いてみると、この下記動画になります。

この曲のあたりから、今までの音楽の流れとは違う雰囲気になっていくのが分かると思いますが、切ないような、哀愁漂うな、胸にジーンと来るようなメロディーが、Mistyを更に魅力あふれる曲にしていますね。

この、曲の雰囲気を変えてくれるのに一役買っているのが、楽譜に赤で囲っている♭です。

この場合の♭は、元の青で囲った変ホ長調についている♭ではないので、「臨時記号」と呼ばれています。

”臨時的に音を上げたり下げたりしている”記号、という意味です。

音階につけられている♭や♯も、記号だけを見ると「音を半音上げたり下げたりしている」という役目は同じになります。

でも、細かく見ていくと、この両者の位置付けは全く違うものになるのです。

似て非なる♭と♯・「調号」と「臨時記号」

音階についている♭や♯は、「その音階が何調なのか?」をあらわす記号。

ミに♭がついていれば、曲中に出てきたミの音には♭をつけて演奏しますね。

これは、何調なのかが判断できる大切な記号です。これを特に「調号」と呼んでいます。

一方で、曲中で突然現れてくる♭や♯は、その時にしか音を変化させないもの。

これを「臨時記号」と呼び、調号とは違う記号なのだよと、区別をつけています。

ここまで、説明について来れましたでしょうか??

ちょっと話が逸れましたが・・・

本題はここからです!

「臨時記号」と「調号」の見分け方

調整判断の場合、考えなければならない作業は「♭や♯は調号なのか・臨時記号なのか」

これを見極めていく事です。

上記の写真の例題を用いて考えてみましょう。

*細かく記載すると混乱するので、今回は分かりやすく伝えるため、ざっくりと説明をします。本来は、沢山の決め事に沿って、調性を判定をしていきます*

この問題では、♭と♯が存在していますね。この場合、♭を音階固有音ではないかと狙いを定めて考えていきます。

(シャープは短調の場合、臨時的に上げられた第6音・第7音である可能性が高いため、まずは除外して考えます)

♭のついた音が音階固有音の場合、♭のついた音とその直後の音が3度以上離れている事が多いため、どのくらい離れているのかを調べ、該当する音に丸をしていきます。

すると、抜き出せた音は

シの♭
ミの♭
ラの♭

となりますね。

この三つの♭が存在する調を調べると、変ホ長調、となります。

よって、答えは変ホ長調。

この例題は、難しい発展問題なので、まずは易しいものから解いて、徐々に調性感覚を身につけながら問題を解いていく事をお勧めします。

そして、簡単な基礎問題が出来て、もし余力があるのならば上記の教材を使用してみてください。

理解力が更に深まり、調性判定も自信をもって回答できるようになりますよ。