親が子供の練習に付き添う?

 

子供のピアノを上手にさせたいのなら、ママは練習に付き添いましょう

神奈川県藤沢市、藤沢駅から徒歩5分にある、
子供の潜在能力を発掘・開花させる、
藤沢ピアノ音楽教室です。

昨日は偶然にも、聖園幼稚園の生徒さんのピアノのレッスンが重なり、思いがけず「わぁラブラブ」と言った驚きが生徒さん同士でありました。

とってもその姿が可愛らしく、微笑ましかったです♪

そんな園児さんたちも、一生懸命にピアノを
練習をしてきてくれました!

生徒さんにピアノを楽しんでもらいたい!

 

そう常に思って指導をしている私にとっては、
生徒さんが丸をもらえていく姿はとても嬉しいです。

何故ならば、

ピアノは弾けるようにならないと楽しいとは思えない

からです。

ピアノを習い始めたころはみ~んな、
とっても楽しそうに、嬉しそうにピアノを弾いています。
でも、それが小学校に入学し、
年齢を重ねていくうちに嫌いになるのは、
次第にピアノが弾けなくなっていくからです。
(難易度が上がるから、という事もありますね)

ピアノを始めた時から意識をすることで、
その後のピアノの続け方や上達が
変わってくる事が幾つかあるのですが、
その一つが練習スタンスです。

ピアノは兎にも角にも習い始めが肝心なのですが、
それは、
何を習うか、
だけではなくて、
どのように学んでいくのか、
という所にもあるんです。

ピアノ ピアノ ピアノ

ピアノが弾けるようになるには練習をする事ですが、
例え「ど、ど、ど。」だけであっても、
必ず毎日練習してください。

この毎日がポイント。

時々生徒さんに言うのですが、
ピアノはレッスンに来るだけでは上達しません。

ピアノのレッスンを受けて、それをどうやって練習に反映させるのか。

それが上達を大きく左右させるのです。

どうか、お間違えの無いように。

ピアノが弾けない一番の原因は指が動かないこと。
1日練習しなかっただけで指が動かなくなった、
そんな経験は誰もが体験しているはずです。

だから、ピアノは毎日練習することが大事なのです!

習い始めの方なら、一日5分でもいいんです。
それを必ず継続させてください。

そして、その時は出来るだけ(本当は絶対と書きたいですが)、
親御さんは練習に付き添ってください。

それが、確実に上達する秘訣です。

藤沢ピアノ音楽教室では、
98%親御さんが付き添ってレッスンに来てくださいます。

…そういえば、以前別の所でピアノを教えていた時も、
ピアノレッスンの親御さんの付き添い率は98%くらいでしたが、
付き添いがないのは小学校高学年以降の生徒さんだけでした。

それは逆に良い傾向でもあるのですが、
その事については又後日、記載しますね。

「親が子供の習い事に興味を示す」

たったこれだけで、子供の気持ちは全く変わります。
これは誰かの本にも書いてありましたが、
とっても大切なことなんです。

「この前よりも上手になったね」
とか、
「今日はレッスンで上手くピアノが弾けたね」
とか、何でもいいんです。

ピアノが上手く弾けなかった日でも
「今日はレッスンに集中してたね。頑張ったよ!」
とか、何でも言葉はかけられると思います。

何でもいいので、声がけをしてください。
そして、お子さんの声もしっかりと聞いてあげてください。

自分の気持ちを受け止めてもらえると、
子供は安心しますからね。

話が逸れてしまって、結局
「なぜ子供のピアノの練習に親御さんの協力が必要なのか」、
という事の肝心なポイントがあまり書けませんでした…

ですので、続きはまた次回、
載したいと思いますドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA