小さな積み重ねが実を結ぶ時

小さな積み重ねだけが功を奏する

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

ピアノ教室でも、英語リトミックでも、最近未就学児の生徒さんの成長をとても感じます。

✅通い始めて数回で、英語の「Hallo Song♪」をノリノリで歌い出した2歳3か月さん(英語りんりんリトミック)

✅2歳10か月で「ドレミファソ」の読譜をマスターしたピアノ導入クラスの生徒さん

✅3歳のピアノ導入クラスから始め、ピアノが弾ける頃には音符がスラスラ読めて弾けるようになった4歳さん達(複数人)

小さな生徒さんは、日によってレッスンに対する意欲が違います。

遅く起きて機嫌が優れなかったり、嬉しいことがあってハイテンションだったり。。

リトミックであれば、そこまで問題がない事が多いですが、ピアノ導入クラスさんだと、やはりレッスンに差し支えることがあります。

前述したように、素晴らしい成果を出している生徒さん達も、何回に1回は、やはりレッスンに集中できない時がありました。

そんなときは、色々なアイテムを使い、お子さんたちの興味を惹くような小道具をピアノレッスンに登場させています♪

音符カードは定番ですね。

でも、このカードを使ってお家ではレッスンの復習が出来ないので、お家にあるアイテムを教具にしたりしています。

100円ショップでも売っているゴムボール。

これなら、どこのご家庭にもありますよね。

こういった、ご家庭にある素晴らしいおもちゃを教具にして、レッスンを展開しています。

特にお願いはしていませんが、おススメなのは、お家でも遊びの中にレッスンの復習を取り入れる事。

そうすれば、お子さんがレッスンに乗り気ではなかった時でも、安心してお子さんを見守ることができますよね。

そういったママの気持ち、意外にもお子さんは察知していることが多いのです。

継続は力なり

成果を出しているお子さんに共通している事。

それは、「レッスンを継続して受講する」という点です。

学びの成果がはっきりと目に見えるようになるまでには、時間がかかります。

幼児さんの場合は特に、小さな小さなことを、何度も繰り返し、ゆっくり時間をかけなければ、学びは定着しません。

それが、幼児期の大きな特性。

毎週通い続けることで、お子さんの知識の貯金は確実に増え続けているのです。

お子さんの様子に一喜一憂しない。

これも、親御さんの意識としてはとても大切なことだと思います。

そして、指導者側にその理解があることも、とても大切だと感じています。

子供は本当に、どこで、どう眠っている潜在能力が花を咲かせるか、全くわかりません。

周りの大人がしっかりと子供たちを見守り、導いていくことで、必ずその花を咲かせることが出来るなだなと、最近とても痛感しています。

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸

藤沢ピアノ音楽教室の総合案内

お申込はこちらをクリッ

【~新規生徒様を募集しております~】
 
友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!


藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂・茅ケ崎からお越し頂いております。

~明日から快適にピアノを弾く為の5つのコツ③~「ピアノ練習で痛くなる3つの代表的な症状”ひじの痛み”」

なぜピアノを弾いてひじが痛くなるのか

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

今日は、~明日から快適にピアノを弾くための5つのコツ~の第三回目の記事、

「ピアノ練習でいたくなる3つの代表的な症状」のその2、ひじの痛みについてです。

まだ前回など、このシリーズの記事をお読みでない方は

・この連載を書こうと思ったきっかけ

・何故ピアノを弾くと指や腕が痛くなるのか

・腱鞘炎を予防するためのエクササイズ

・ピアノ練習でいたくなる3つの代表的な症状その1、ド・ケルンパ病(腱鞘炎)

こちらも併せてお読みくださいね。

 ♪ピアノLifeを快適にするピアノ奏法♪

~明日から快適にピアノを弾く為の5つのコツ~

①なぜピアノを弾くと指や腕が痛くなるのか

②ピアノ練習で痛くなる3つの代表的な症状
1. 親指の付け根の手首側に痛みを感じるド・ケルバン病(腱鞘炎)
2. ひじに痛みを感じる上腕骨上鞘炎
3. 指に痛みやしびれが生じる手根幹症候群

*フォーカル・ジストニアという症状もありますが、煩雑なため割愛します。

③手が小さかったり、沢山練習すると痛くなるって本当?嘘?

④ピアノ練習で身体が痛くならない為に、まず見直す事

⑤こんな曲を弾くと痛くなるその例と対策方法

 

今日はこの上記の記事の

②ピアノ練習で痛くなる3つの代表的な症状
2.ひじに痛みを感じる上腕骨上鞘炎

についてです。

「ピアノを弾いていて、ひじが痛くなるの?」

そう思った方、いらっしゃいますよね。実は、私も「ピアノを弾くとひじが痛い」と聞いた時、「え??」と思いました。

ピアノを弾く指や腕は、肩や肘を支点にして動いている

そう。皆さん、大切なことをお忘れなのです。

ピアノは指だけで弾くもの、と思いがちですが、その指は手首から出ており、その手首はひじ→肩→肩関節を支える周りの筋肉etc…

こんな風にして、どんどん辿ると、指先の動きは実は上半身までもが関係していることになります。

ひじを痛める一番の原因は手首が固く、腕に力が入っていて柔軟な動きができないことにあります。

手首を固くすることにより、腕は動かなくなりますね。特に前腕は全くと言っていいほどに自由が利かなくなると思います。

ひじの痛みも、元をたどると指の動きからきている

ピアノを弾くときに動かす指は、沢山の腱によって支えられていますが、その腱は、筋肉と骨をつなぐ結合組織で筋肉の動きを関節に伝えています。

上図のように、こうしてみると、指から延びる腱や筋肉は、辿っていくと一旦は手首、ひじに集約されていることがわかりますよね。

ピアノ演奏において肘が痛くなるのは、こうして指を無理に動かそうとしたために起こった炎症なのです。

・指を動かそうとするために前腕に力が入ったり、

・オクターブを弾こうと思って指を思いきり広げたために負荷がかかったり、

・手首や腕が固いために、指を動かす際に腱や筋肉に圧がかかるetc…

そういったことが原因だと思われます。

ピアノによる肘の痛みも、野球による肘の痛みにも同じ症状は見られる

ピアノの練習で肘が痛くなった方から、「野球肘みたいな症状」と聞かされた時、すぐにどこに原因があるのかピンときましたが、やはり一番の原因は

手首の固さや体の使い方に柔軟性がないこと

に問題があるのではないかと感じました。

野球でも速球を投げるためにはフォームが大事なのと同じように、ピアノでも、ピアノに座る姿勢というのはやはり根本的に大事な要素なのですね。

それに関しては、また別のテーマで扱いたいと思いますが、肘の痛みに関しては指をマッサージするという方法があるようですね。

Googleで検索すると沢山出てきますので、ぜひご興味のある方は調べてみてくださいね。(私のサイトでは他サイトはご紹介できず…すみません)

ちなみに、藤沢ピアノ音楽教室に通う男子生徒さんは野球肘になったことがある様ですが、子供の治癒力でも痛みが消えるまで3か月かかったそうです。

大人ですと、おそらくその1.5倍はかかると思います。

とにかく「痛くなったら休む」

これを守り、症状は最小限に食い止めていきたいですね。

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸

藤沢ピアノ音楽教室の総合案内

お申込はこちらをクリッ

【~新規生徒様を募集しております~】
 
友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!

藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂・茅ケ崎からお越し頂いております。

子供のピアノ練習に、親はどこまで付き合うのか

子供のピアノの練習に親はどこまで付き合うのか

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

ピアノをお子さんに習わせていると、親御さんの悩みに必ず出てくる「ピアノの練習」

Blogをお読みいただいているママやパパさんの中にも、身に覚えのある方はいらっしゃいますよね。

あなたのお子さんは、どうやって練習をしていますか?

子供は「ピアノを練習しない」のではなくて、「練習の仕方がわからない」

大人は自分で考えて、何を、どうやって練習すればよいのか、という事がわかりますよね。

それに反し、子供は根本的に「練習はなぜしないといけないのか」、ここからまずは理解ができていません。

なので、「練習とは何をすることなのか」がわからないんですね。

お子さんに「練習しなさい」と言っているけど、子供が練習しないと悩んでいる親御さんは是非、今日から一緒にピアノを弾くことから始めてみてください。

ピアノのレッスンに親御さんも一緒にご参加いただく理由

「一緒に子供と弾いてみてくださいって言われても…」

そんな風に思われた親御さんもいらっしゃると思います。

なので、藤沢ピアノ音楽教室では小さなお子さんの場合は、親御さんも一緒にレッスンにご参加いただくことを推奨しています。

レッスンを見て頂くと、どのように先生が指導しているかがわかると思います。

それを、ご自宅で繰り返していただくだけでOKです。

むしろ、そのレッスンの反復こそが、ピアノが弾ける力となります。

お子さんのピアノ練習に付き合って、ご自身が上手になったという素晴らしいパパさんもいます!詳しくはこちらをご覧ください♬

誰もが必ず経験する、親子ゆえの問題

お子さんと親御さんが一緒に練習をし始めると、必ずぶつかる壁。

それは親子間でのバトルです。

とても多く寄せられる悩み相談なので、私からも時々親御さんにお伺いしていますが、「誰もが必ず通る道なのですよ」とお伝えすると、「みんなそうなのか」と、とても驚かれ、そして安堵の表情を見せることがよくあります。

そう。

誰もが通る道なのです。

だからこそ、第3者である先生の存在が必要であり、そこで的確に指導していただくことが要になってきます。

時には子供に任せる、心のゆとりも必要

子供も大人も、人から注意をされると嫌な気持になりますよね。

親子間でバトルが生じるのは、お互いに遠慮がなく、思い切りぶつかるからです。

そんな事が続くときは、ぜひ!思い切って子供の好きなように、放任してみてください。

あまり介入し続けると、せっかく習ったピアノが嫌いになってしまいます。

子供は、上手に導けばピアノに向かってくれますし、必ずピアノが弾けるようになります。

コツは何といっても、少しの事でも褒めるということ!!!

よい関係性が見えてくるはずです。

***

「ピアノが弾けるようになりたい」

そんな思いでピアノ教室に通い始めましたよね。だから、ピアノは弾けなくて良いのです。

どうぞ弾けないまま、練習が出来なかったらそのまま、レッスンにお越しください♬

しっかりとお話を聞いて実践して頂けましたら、お子さんであれば5分で確実に弾けるように、レッスンで導いています。

(*難易度によってはその限りではありませんが、ほぼどなたに対しても弾けるようにご指導しています)

ピアノは一生消えない能力です。

是非、かしこく、じょうずに、ピアノを習い続けていきましょうね。

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸

藤沢ピアノ音楽教室の総合案内

お申込はこちらをクリッ

【~新規生徒様を募集しております~】
 
友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!

藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂・茅ケ崎からお越し頂いております。