人生を変えた一枚の紙

最近ウィーンと羽田間の直行便が就航され、
ウィーンの魅力がクローズアップされています。

そんなウィーンに留学した私ですが、
「ウィーンにずっと行こうと思っていたんですか?」
そんな風に聞かれることがあります。

でも…

当時は全然外国に憧れはなかったんです。

音楽をしている人ならば、
ヨーロッパへのあこがれは強いと思いますが、
私は元々音楽の世界を目指していた訳ではなかったので、
そこまでの強い思いはありませんでした。

というよりも、むしろ”自分のレベルを上げる”、
その事で頭がいっぱいだったのかもしれません。

とにかくいつも自分自身と戦っていた私。
なので、ライバル意識もしたことはないです。

「嘘でしょー?!」

って思われると思いますが、
敵対心を持っても何も変わりません。

相手が上手なのは、自分よりも努力しているから。
ただそれだけ。

それを妬んだって仕方がないんです。
自分はそこまでの努力をしてきたのか?
そう問われたら、Yesとは言えませんから。

私は高2で音大を目指したので、
それは痛いほどよくわかっていました。
なので、いつも課題は自分でした。

「何とか上手になりたい」

そんな風に思っていた大学4年生のある日。

ふと目にしたウィーンの夏期講習のパンフレット。

「行ってみたい!!!」

そのたった一枚の紙切れが、
私の人生をここまで大きく変えてくれました。

人生は、本当にどこで大きく変わるか
分かりません。

新しいことにチャレンジするとき、
今までの流れを変えるとき、
変化があるときに必ず人は迷い、
悩み、大きな不安を感じます。

でも、足踏みして終わるのか。
勇気を出して一歩前に進んでみるのか。

たったの一歩ですが、
その後の歩みは大きく変わります。

是非皆さんにも、これからの歩みの中で
そんな場面に出くわしたら、
この話を思い出して頂きたいなと思います。

その小さな一歩が、
人生を変える事もあるということを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA