「調性判定」をマスターして志望校に合格しよう!

「調性判定」をマスターして志望校に合格しよう!

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

10月も終わりに近づき、段々と受験シーズンに突入する時期となってきました。

音大や音高受験を控えている皆さんは、この時期どうやって過ごしていますか?

実技練習ばかりしていませんか?

志望校に合格するには、実技試験の準備だけでなく、副科もしっかりとこの時期に準備をすることが大切です。

音大受験で志望校に合格するためには

志望校に合格するためには、考えなければならないことは実技試験だけではありません。

楽典や聴音、新曲視唱などの副科で、まずは満点を目指して試験に取り組む。

これが、志望校に合格するための第一歩です。

勿論実技試験はとても大切です。

だからこそ、今のうちに副科を強化する必要があるのです。

受験日までの勉強スケジュールを立てよう

実技試験を頑張るためには、受験前の一か月は実技練習に出来るだけ専念したいところ。

そのために、今の時期は副科を頑張る必要があるのです。

よく受験間際になって、「聴音が出来ない」とか、「この問題が分からない」といった声を耳にしますが、そうなると気持ちばかりが焦り、実技練習どころではなくなります。

聴音は特に、短期間では出来るようにはなりません。

時間配分をしっかりと考え、勉強のスケジュールを立ててくださいね。

楽典でネックになる「調性判定」の解き方

楽典問題で、自信をもって答えられないのが「調性判定」。

一番良いのは、問題を歌ってみて、何調の感じがするのかを感じ取る方法が良いとされていますが、複雑な問題になると、歌ってみても何調になっているのか分からないように記譜されています。

そんな時は、「音階固有音」を導きだして、調性を判定します。

「音階固有音」とは

初めて聞いた人も多いと思いますが、音階固有音とは、その音階を構成している音、のことを言います。

上記の変ホ長調で考えると、変ホ長調を構成している7つの音、「ミ♭・ファ・ソ・ラ♭・シ♭・ド・レ」が、音階固有音になります。

調整判断で問題となるのが、♭や♯で音が変わっている音が、果たして音階固有音なのかどうか、という事です。

曲を聞いてみるとわかると思いますが、いつもずーっと同じ調子で進んでいく曲はあまりないですよね。

「ここは、こんな気持ちで奏でたい!」

そんな気持ちの揺れを曲にあらわす時、♭や♯を付け加えることで、音に変化を与えます。

それが音楽の雰囲気を変えていたり、曲想の変化をつけているのです。

実際に曲を聞いてみて、音階固有音を感じてみよう

これはジャズの名曲「Misty」

この曲は♭3つの変ホ長調(青で囲っている部分)で書かれています。

うっとりした曲の雰囲気が人気の秘訣ですが、曲の途中の殻雰囲気が変わり、曲が揺れ動いていきます。

その所の楽譜が、この写真の抜粋部分です。

演奏で聴いてみると、この下記動画になります。

この曲のあたりから、今までの音楽の流れとは違う雰囲気になっていくのが分かると思いますが、切ないような、哀愁漂うな、胸にジーンと来るようなメロディーが、Mistyを更に魅力あふれる曲にしていますね。

この、曲の雰囲気を変えてくれるのに一役買っているのが、楽譜に赤で囲っている♭です。

この場合の♭は、元の青で囲った変ホ長調についている♭ではないので、「臨時記号」と呼ばれています。

”臨時的に音を上げたり下げたりしている”記号、という意味です。

音階につけられている♭や♯も、記号だけを見ると「音を半音上げたり下げたりしている」という役目は同じになります。

でも、細かく見ていくと、この両者の位置付けは全く違うものになるのです。

似て非なる♭と♯・「調号」と「臨時記号」

音階についている♭や♯は、「その音階が何調なのか?」をあらわす記号。

ミに♭がついていれば、曲中に出てきたミの音には♭をつけて演奏しますね。

これは、何調なのかが判断できる大切な記号です。これを特に「調号」と呼んでいます。

一方で、曲中で突然現れてくる♭や♯は、その時にしか音を変化させないもの。

これを「臨時記号」と呼び、調号とは違う記号なのだよと、区別をつけています。

ここまで、説明について来れましたでしょうか??

ちょっと話が逸れましたが・・・

本題はここからです!

「臨時記号」と「調号」の見分け方

調整判断の場合、考えなければならない作業は「♭や♯は調号なのか・臨時記号なのか」

これを見極めていく事です。

上記の写真の例題を用いて考えてみましょう。

*細かく記載すると混乱するので、今回は分かりやすく伝えるため、ざっくりと説明をします。本来は、沢山の決め事に沿って、調性を判定をしていきます*

この問題では、♭と♯が存在していますね。この場合、♭を音階固有音ではないかと狙いを定めて考えていきます。

(シャープは短調の場合、臨時的に上げられた第6音・第7音である可能性が高いため、まずは除外して考えます)

♭のついた音が音階固有音の場合、♭のついた音とその直後の音が3度以上離れている事が多いため、どのくらい離れているのかを調べ、該当する音に丸をしていきます。

すると、抜き出せた音は

シの♭
ミの♭
ラの♭

となりますね。

この三つの♭が存在する調を調べると、変ホ長調、となります。

よって、答えは変ホ長調。

この例題は、難しい発展問題なので、まずは易しいものから解いて、徐々に調性感覚を身につけながら問題を解いていく事をお勧めします。

そして、簡単な基礎問題が出来て、もし余力があるのならば上記の教材を使用してみてください。

理解力が更に深まり、調性判定も自信をもって回答できるようになりますよ。

 

 

子供のピアノ練習に、親はどこまで付き合うのか

子供のピアノの練習に親はどこまで付き合うのか

藤沢市にある、ピアノ・英語リトミックの藤沢ピアノ音楽教室です。

ピアノをお子さんに習わせていると、親御さんの悩みに必ず出てくる「ピアノの練習」

Blogをお読みいただいているママやパパさんの中にも、身に覚えのある方はいらっしゃいますよね。

あなたのお子さんは、どうやって練習をしていますか?

子供は「ピアノを練習しない」のではなくて、「練習の仕方がわからない」

大人は自分で考えて、何を、どうやって練習すればよいのか、という事がわかりますよね。

それに反し、子供は根本的に「練習はなぜしないといけないのか」、ここからまずは理解ができていません。

なので、「練習とは何をすることなのか」がわからないんですね。

お子さんに「練習しなさい」と言っているけど、子供が練習しないと悩んでいる親御さんは是非、今日から一緒にピアノを弾くことから始めてみてください。

ピアノのレッスンに親御さんも一緒にご参加いただく理由

「一緒に子供と弾いてみてくださいって言われても…」

そんな風に思われた親御さんもいらっしゃると思います。

なので、藤沢ピアノ音楽教室では小さなお子さんの場合は、親御さんも一緒にレッスンにご参加いただくことを推奨しています。

レッスンを見て頂くと、どのように先生が指導しているかがわかると思います。

それを、ご自宅で繰り返していただくだけでOKです。

むしろ、そのレッスンの反復こそが、ピアノが弾ける力となります。

お子さんのピアノ練習に付き合って、ご自身が上手になったという素晴らしいパパさんもいます!詳しくはこちらをご覧ください♬

誰もが必ず経験する、親子ゆえの問題

お子さんと親御さんが一緒に練習をし始めると、必ずぶつかる壁。

それは親子間でのバトルです。

とても多く寄せられる悩み相談なので、私からも時々親御さんにお伺いしていますが、「誰もが必ず通る道なのですよ」とお伝えすると、「みんなそうなのか」と、とても驚かれ、そして安堵の表情を見せることがよくあります。

そう。

誰もが通る道なのです。

だからこそ、第3者である先生の存在が必要であり、そこで的確に指導していただくことが要になってきます。

時には子供に任せる、心のゆとりも必要

子供も大人も、人から注意をされると嫌な気持になりますよね。

親子間でバトルが生じるのは、お互いに遠慮がなく、思い切りぶつかるからです。

そんな事が続くときは、ぜひ!思い切って子供の好きなように、放任してみてください。

あまり介入し続けると、せっかく習ったピアノが嫌いになってしまいます。

子供は、上手に導けばピアノに向かってくれますし、必ずピアノが弾けるようになります。

コツは何といっても、少しの事でも褒めるということ!!!

よい関係性が見えてくるはずです。

***

「ピアノが弾けるようになりたい」

そんな思いでピアノ教室に通い始めましたよね。だから、ピアノは弾けなくて良いのです。

どうぞ弾けないまま、練習が出来なかったらそのまま、レッスンにお越しください♬

しっかりとお話を聞いて実践して頂けましたら、お子さんであれば5分で確実に弾けるように、レッスンで導いています。

(*難易度によってはその限りではありませんが、ほぼどなたに対しても弾けるようにご指導しています)

ピアノは一生消えない能力です。

是非、かしこく、じょうずに、ピアノを習い続けていきましょうね。

英語りんりんリトミック@鵠沼海岸

藤沢ピアノ音楽教室の総合案内

お申込はこちらをクリッ

【~新規生徒様を募集しております~】
 
友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!

藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂・茅ケ崎からお越し頂いております。

音大受験で志望校に合格したい方は必見です

音大受験・志望校に合格するために

藤沢市にある、ピアノ・リトミック教室の藤沢ピアノ音楽教室です。

藤沢市では先週から新学期に入りましたが、受験シーズンもいよいよ間近に迫ってきました。

音大受験で志望校に合格したい!

そんな方が、絶対に抑えておくべき科目は楽典・聴音・新曲視唱。

副科は習う事で、確実に点数が取れる科目になります。

特に楽典は、問題解答のコツやスピードが劇的にUpします。

志望校に合格する人とそうでない人の違いは受験の準備期間にある

受験生の皆さんは、もう既に学科対策は取っていますよね?

試験準備を早くから始めている方は、それだけ合格できる率は高くなります。

夏休が終わった段階で、楽典は8割以上は完ぺきに点数が取れるように、聴音もある程度は問題なく記譜が出来るようにするのが望ましいです。

新曲視唱では、音程はもうほぼ問題なく取れて歌えますか?

受験対策がまだ進んでいない方は、是非今日から勉強を進めて下さい。

絶対に点数を取りたい楽典問題

ピアノでの音大受験で一番争点になるのは、何と言っても実技試験。

なので、副科では満点を取るくらいの気持ちで臨むことが志望校合格には大切です。

楽典の試験で必ず出る、音程の問題。

音程問題は、今の段階で既に満点を取れますか?

音程は、点数を取らせてもらえる”サービス問題”のようなもの。

素早く、100%の正解率で答えられるようにしましょう。

こういう簡単な問題では、出来るだけ時間をかけないで、最後に回答を見直す時間は必ず残しておき、難しい調性判断の問題などに、時間は掛けていきます。

問題を解く時間配分も、楽典で満点を取るコツです。

調性問題は、かなり厄介です。

試験の時は緊張もしていますし、ちょっと複雑な問題が出てくると「どうしよう…」となり、気持ちは焦るばかり。

調性問題だと、問題を頭で歌って鳴らしてみても、緊張のあまり、よく分からなくなることもあります。

でも、私はどんな複雑な調性問題でも、正解を導く解き方を知っていたので、問題集ではほぼ100%正解することが出来ていました。

それは、楽典はしっかりと習いに行っていたからです。

とてもとても幸運だったと思いますが、上記の素晴らしい楽典を書かれた菊池有恒先生。

もうお亡くなりになられましたが、彼のご指導を直接受けていました。

ですので、難解問題も自信を持って解けるようになりました。

楽典は独学でも勉強出来ますが、専門的に指導を受ける事で、問題の正解率は確実にUpします。

そして、何よりも問題を解くスピードが上がります。

先程も書きましたが、楽典問題では

✅答えを見直す時間を確保しながら

✅的確に問題を解いていく

これも、楽典を満点でクリアするためには必要です。

聴音や新曲視唱は毎週の積み重ねが功を奏する

そして、おそらく最も苦労するのが聴音や新曲視唱。

こちらは詰め込みで勉強しても力はつきません。

10時間勉強しても、次の日には出来るようにならない科目です。

毎週レッスンで問題を解き、感覚を身につけていって初めて出来るようになる問題です。

志望校に合格したい方は是非、早めの受験対策を取って下さいね。

*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:+・゚ ゜゚・*:.。..。.:・*:.。..。.:+・゚

☆藤沢ピアノ音楽教室では新規生徒様を募集しています☆

ピアノ科のご案内はこちからご覧ください♫

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪

<@qdt9159a>で検索!

藤沢ピアノ音楽教室には、JR東海道線・小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂からお越し頂いております。