「悲愴」第二楽章を上手に弾くために③

「悲愴」第二楽章を上手に弾くために③

藤沢市にある、ピアノ・リトミック教室の藤沢ピアノ音楽教室です。

今回は、前回に引き続き、ベートーヴェンの「悲愴」第二楽章の冒頭部分の後半をご説明してみたいと思います。

今回の着眼点は4つですよ。

ベートーヴェンの意を、汲んでいきましょう。

まず、この悲愴の冒頭部分のメロディーは、8小節で一つの大きな流れになっています。

これをもっと細かく見ていくと、前半4小節、後半4小節に分かれるわけですが、どうして4小節目で前半と後半が分かれている感じがするのか。

それは、4小節目の頭の部分がAsDurのV度の和音、ドミナントで半終始していることにあります。

メロディーが、ここで一息ついている感じがしませんか?

ここで流れが終わった、という感じはしませんが、ホッと落ち着く、区切りを感じる様な響きになっていると思います。

これが、半終始です。

この事を汲んで演奏しないと、音楽的表現から逸れてしまうんですね。

実際にピアノを弾いていご説明していますので、↓ご覧になってみて下さい。

音の響き、和声から演奏を解釈する事がよくあります。

ベートーヴェンなどの時代では、和声学の知識が沢山曲の中に盛り込まれています。

これを、しっかりと解釈して、演奏表現に反映させる。

これがやはり、とても大切なことだと感じます。

 

「楽譜を読み取る」

本当の意味では記譜上には書いていない、こういった事も解釈していかないといけないんですね。

勉強しないと、独学では出来ないと思いますので、是非先生に教えて頂いてくださいね。

知識が広がると、演奏は変わりますよ。

 

☆新規クラス開講のご案内☆
image
オーストリアのアントンブルックナー音楽大学大学院を修了された、佐藤里奈先生のレッスンが開講しています!

ピアノ科のご案内はこちからご覧ください♫

友だち追加

Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

*メールアドレスの記載ミス、設定不備による未受信が多くなっております。

基本的には24時間以内にご返信をしています。

返信のない方はお手数ですが、再度お問い合わせ頂きます様、よろしくお願いいたします。

藤沢市 藤沢ピアノ音楽教室

藤沢市藤が岡3丁目”ふじがおか幼稚園”そば

電話 080-9886-3268

お問い合わせ pianola@hotmail.co.jp

●プレピア☆リトミック

●藤沢ピアノ音楽教室ピアノ科

●大人のための湘南ピアノ倶楽部

友だち追加
Lineからもお問い合わせできます♪
<@qdt9159a>で検索!

藤沢ピアノ音楽教室は、JR東海道線、小田急線「藤沢駅」より徒歩5分のスタジオでリトミック・受験対策指導、藤が岡教室でピアノレッスンをしています。生徒さんは川崎・横浜・横須賀・戸塚・大船・藤沢・湘南台・辻堂からお越し頂いております。