その後を決める大事な導入期

どの様にピアノを習い、始めるのか。
その後の成長は、導入期で決まります!

神奈川県藤沢市にある、
子供の潜在能力を発掘・開花させる
”藤沢ピアノ音楽教室”ですラブラブ

今日は大切なお話、
導入期についてです。

春はピアノを習い始める方が多い時期ですので、
是非そんな方にはお読みいただきたいと思います照れ

ピアノを習う動機は様々ですよね。

・弾ければいい
・どうせ習うなら上手になりたい

大きく分けて、このいずれかに属すると思いますが、
習い始めの段階で将来の事を見据えていますか?

面白いポイントがあるのですが、
これが学習塾だとどうでしょうか?

塾だと習い始める段階から
「ここだと進学校の合格率も高いから、
ちょっと遠いけどここにしよう!」
と決める方が多いですよね。

昔、塾の講師をした事がありますが
ここがピアノと塾の大きな違いだと、
感じています。

真っ白な画用紙に
どのように色を載せて描いていくか

この段階が導入期です。

真っ白な知識に、
何色で、
どの筆で
どのようにして、
何を描くのか。

初めに黒で描いてしまうと、
消せなくなってしまいますねハートブレイク

それどころか、
その後に描きたかったものも、
もしかしたら上手く描けなく
なってしまうかもしれません。

気が付いた時にはもう遅いのですショボーン

先日、友人でもあるピアノの先生が、
「ピアノはやっぱり導入期に決まる」
と言っていましたが、本当なんです!!

途中から
「こうやって描きたい」
と思って色や筆を変えても、
元から画用紙にある配色や配置は
変えることは出来ません。

その上に上手く色を載せられれば、
全体の出来が良くなることはありますが、
そこには多大な時間と労力を費やします。

音楽は目に見えないので、
この作業を中々ご理解頂けないのですが、
こうやって例えてみると、
とっても分かりやすいですよね?

学びの環境はとても大切です。
そして、3~6歳の間の学びの吸収率が
とても高いだけに、見逃せない時期でもあります。

「お子さんの可能性を広げたい!」

そう思うのであれば、
是非教室選びは吟味してくださいね。

学びの環境を作るのは親御さんです音譜

ピアノ演奏の大事な基礎

腕や指の無駄な動きは
時として意図しない音を作り出す

神奈川県藤沢市にある、
子供の潜在能力を発掘・開花させる、
藤沢ピアノ音楽教室です*さくら*

先月からやっとのことで重い腰を上げ、
少しづつですが動画でピアノの曲や
ピアノ奏法などの説明をUpしています。

以前から
「動画のススメ」
を受けていたにも関わらず、
行動に移すまで半年かかりましたが、
この行動力のなさ。。

学生時代とは大違いだな~と、
反省しておりますあせる

動画は基本的には
「生徒さんに上手になってほしいラブラブ
その思いでUpしているのですが、
ピアノの先生にとってもタメになるかなと思っています照れ

昨日はピアノを弾く上では基本の
指のフォーム
についてお話ししました。

「指の動き5

普段ピアノを弾いている時には
意識していない方が大半だと思いますが、
ピアノはどうやって弾くと思いますか?

指で弾きますよね?

だから、一番意識を払うのは実は指の動き、
そして指の動きに付随する手首・腕の動きなのです。
(勿論、他にも気を付けないことは
山ほど沢山あるのですがあせる

水泳ではより速く泳げるために
フォームを正しますよね。
それと同じで、ピアノも綺麗に弾くには
フォームはとても大事なのです。

指の形、手首や腕の使い方、
そして椅子の座り方、姿勢。
後者はあまり普段レッスンでは指摘されないかも
しれませんが、とても大切です。

椅子が低くて手首が下がり、
(椅子が低くなくても手首は下がり易い)
指が鍵盤にのしかかるように
弾いている方が多く見受けられますが、
これは音に重みがかかった、
のしかかられて弾いている音になります。

このフォームの状態で、
いくら軽やかに弾こうと思っても、
恐らく軽やかには弾けないと思います。

それは、指の動きが悪いのではなくて、
指や手のフォームが悪いからですハートブレイク

このような問題を抱えながら、
一生懸命に練習をしたとしても、
根本を正さない限りは残念ながら、
上手に弾けるようにはなりません。

でも、これまた残念なことに、
その根本に気が付かずに
練習しているケースが結構多いのです。

このような問題点の多くは、
自分では気が付きません。

フォームはそれだけ、自分の物として
身に付いているという事なんですね。

ですので、レッスンで先生に教えてもらうか、
時々自分で弾いている姿を観察すると良いと思います。

意外な発見があるかもしれませんよ音譜

人生を変えた一枚の紙

最近ウィーンと羽田間の直行便が就航され、
ウィーンの魅力がクローズアップされています。

そんなウィーンに留学した私ですが、
「ウィーンにずっと行こうと思っていたんですか?」
そんな風に聞かれることがあります。

でも…

当時は全然外国に憧れはなかったんです。

音楽をしている人ならば、
ヨーロッパへのあこがれは強いと思いますが、
私は元々音楽の世界を目指していた訳ではなかったので、
そこまでの強い思いはありませんでした。

というよりも、むしろ”自分のレベルを上げる”、
その事で頭がいっぱいだったのかもしれません。

とにかくいつも自分自身と戦っていた私。
なので、ライバル意識もしたことはないです。

「嘘でしょー?!」

って思われると思いますが、
敵対心を持っても何も変わりません。

相手が上手なのは、自分よりも努力しているから。
ただそれだけ。

それを妬んだって仕方がないんです。
自分はそこまでの努力をしてきたのか?
そう問われたら、Yesとは言えませんから。

私は高2で音大を目指したので、
それは痛いほどよくわかっていました。
なので、いつも課題は自分でした。

「何とか上手になりたい」

そんな風に思っていた大学4年生のある日。

ふと目にしたウィーンの夏期講習のパンフレット。

「行ってみたい!!!」

そのたった一枚の紙切れが、
私の人生をここまで大きく変えてくれました。

人生は、本当にどこで大きく変わるか
分かりません。

新しいことにチャレンジするとき、
今までの流れを変えるとき、
変化があるときに必ず人は迷い、
悩み、大きな不安を感じます。

でも、足踏みして終わるのか。
勇気を出して一歩前に進んでみるのか。

たったの一歩ですが、
その後の歩みは大きく変わります。

是非皆さんにも、これからの歩みの中で
そんな場面に出くわしたら、
この話を思い出して頂きたいなと思います。

その小さな一歩が、
人生を変える事もあるということを。