これがピアノが上達する最大の秘訣です!

好きこそものの上手なれ、
それがピアノを上達させる最大の秘訣

 

神奈川県藤沢市、藤沢駅から徒歩5分にある、
子供の潜在能力を発掘・開花させる、
藤沢ピアノ音楽教室です門松

12月って本当に忙しいですね。
クリスマスが終わったらもうお正月。

子供は嬉しいけど、ママは悲鳴笑
楽しく乗り切りましょうねラブラブ

この1週間、生徒さんとのレッスンを通じて、
私の中で大きく確信したことがありました。

それは、

好きという気持ちがピアノを上達させる

という事です。

藤沢ピアノ音楽教室には、実は悩みを抱えて、
他教室から来た生徒さんが多数います。
以前指導していたピアノ教室でも沢山、
そういう生徒さんがいました。

なので、
「先生、ピアノクリニックって名前にしちゃえば?」
そんな笑い話もあったくらいなのですが
結構それもいいな~と、思っていますラブラブ

やはり生徒さんが上手になってくれるのが、
何よりも嬉しい。

でも、それは生徒さんの頑張りがあってこそ。
まずは、そこに感謝をしなければと思っています照れ

ピアノ ピアノ ピアノ

ピアノの大変な所は、毎日練習しないといけない事。
加えてその毎日の練習が、ほぼいつも同じである事。

よく
「最近やる気がないみたいで…」
とお悩みのメールを親御さんから頂くのですが、
365日モチベーション高く!というのは難しいです。

だって、毎日ステーキを食べ続けていたら、
それはやっぱり飽きますよね??

それと同じなんですよ。
(実際、食べているもの(曲)は違いますけど笑

だから、練習には工夫が必要だし、
時々目標設定(発表会)することも必要なんです。

段々と話が逸れてきましたが…

発表会は”人前でピアノを演奏する”
という明確な目標があるので頑張りやすいですが、
普段のレッスンでは明確な目標がないので、
「ピアノを弾くのが好き!」
「ピアノが上手になりたい!」
そういう気持ちが目標になります。

その時の頑張り指数を左右させるのが
ピアノが好きかどうかという気持ちですラブラブ

極論ですが、誰だってピアノを練習すれば、
み~んな上手になるんです。
でもね、その成長度合いは人それぞれ。

ベル ベル ベル

先日、受験勉強に専念すべくピアノを泣く泣く
中断した生徒さんがいますが、本当にこの1年で、
まるで別人と思えるほどに上達しました。

その頑張りには、私も目を見張るものがありましたが、
この生徒さんは藤沢ピアノ音楽教室に来てなんと、

たったの1週間で!

見事に指の形を直してきました。
こんな生徒さんを見たのは初めてびっくり

弾き方のフォームを正すことは、
最も苦痛な作業といえると思うのですが、
それ故に簡単には直らないのが普通なんです。

でも、彼は難なくこなしてきたのです!!

それは彼の「上手になりたい」という強い思いが、
練習に現れた成果だと思っています。

「弾きにくいなー」
そう思って練習していたら、
恐らく直らなかったでしょうね。

それぐらい、弾き癖を治すのは大変ですから。

・昨日レッスンだった生徒さんも、
この半年で見違えるほど上手になりました。

ピアノの演奏を聴いて、上手かそうでないか、
を判断する基準の一つに
「如何にメロディーを奏でているか」
という事があるのですが、滑らかに流れているように
演奏しなければ、音があっていてもきれいに聞こえません。

なので、音楽は流れが命、
とも言えるのですが、
この音楽の流れが非常によくなりましたキラキラ

そこにはリズム感だったり拍子感、
メロディーの流れを感じながら弾く力等、
弾き方以外にも沢山の要素が絡んでいます。

言葉では簡単に書けますが、
様々な要素を意識しながら練習するのは
本当に、本当に、大変な事。

しかも、小さい生徒さんなら尚更なのですが、
それをよくここまで頑張れたな~と、
昨日は生徒さんの成長ぶりに胸が詰まりました。

これもあれも、み~んな、
ここまでピアノが驚くほど飛躍出来たのは
「ピアノが好き」
「ピアノが上手になりたい」
という気持ち。

あの有名な世界的指揮者・小澤征爾さんも
「上手になりたい、その気持ちが演奏のレベルを向上させる」
と仰っていますが、昔の人の

好きこそものの上手なれ

は最強の言葉なんですね。

今年最後に嬉しい生徒さんの成果でしたラブラブ

確実に上達するには何が必要?

子供のピアノ練習にママが付き添うと、確実に早く上達します

神奈川県藤沢市、藤沢駅から徒歩5分にある、
子供の潜在能力を発掘・開花させる、
藤沢ピアノ音楽教室です。

日に日に寒くなってきましたね。
今月は例年より晴れる率が悪いそうで、
太陽がないと寒さも一段と身に沁みます…

でも、そんな時こそ気持ちは明るく!
元気に今日も頑張ってBlog更新していきますよ~。

前回の記事の続きですが、
ピアノの練習で大事なこと、
何だかお分かりになりますか?

それは、レッスンで学んだことを反映させることです。

本当にとても多いパターンなのですが、
8~9割と言っても良いんじゃないかというくらい、
レッスンに来る前と後で、練習の中身が
変わっていない方が多いです。

「どうして〇がもらえないのか、
考えたことあるかな?」

生徒さんにはそう、問いかけるのですが、
間違っている所や、綺麗に弾けない所、
そういう箇所があるから〇にならないんです。

上手になるためには、レッスンで注意されたこと、
楽譜に先生が書いたことによく注意して、
それを改善するような練習をしなければ上手になりません。

ここで求められるのが
注意力

集中力だけあっても注意する力がないとダメなんですね。
これはかなり大きな力です。

レッスンで上手に弾けない生徒さんには
「ここに気を付けて、注意して弾いてごらん」
と、私は注意することを促します。
時々お星さまのマークも登場します☆

そうすると…
何と100%弾けるようになるんです!
まるで、自分が魔法使いになったかのような
気分にさえなりますが(笑)、本当です。

 

小さい生徒さんは、とてもじゃないですが、
レッスンで注意された事を覚えきれません。

なので、お家に帰って楽譜を見ても、
きちんと思い出せないんですね。

そして、一人でどうやって練習してよいのか、
それもわからないと思います。

練習というのは、本当に気を付けないと
悪い癖がつくばかりか、下手にさえなってしまいます。

ピアノの練習は基本、繰り返しですね。
繰り返すという事は強化するという事です。

間違えた音を繰り返せば、
それが身についてしまいます。

変な癖を持ったまま練習すれば、
その癖が自分の演奏スタイルになってしまいます。

ピアノが上手になりたい!と、
そう願って練習していたのに、
そうなると思わぬ結果になってしまいます…

なので、小さいお子さんであればあるほど、
ママは練習には付き添ってあげてください。

勿論パパだってOKです!
昨日も3歳の男の子の付き添いはパパでしたし、
昔私が教えていた生徒さんは、いつもパパが来ていました。

このパパさん、実はピアノが大好きでして、
「ピアノ習ったことがないけど、
私も弾いてみたいんです」
と仰ったので、私は
「Mちゃんのレッスンを聞いていれば、
どうやって弾くかわかると思いますから、
一緒にレッスンを聞いてお家で弾いたらどうですか?」
とお勧めしたんですよね。

そうしたら!!!

本当に家で練習していたんです!

Mちゃんのレベルが上がってしまったので、
パパさんは練習に追い付かなくなってしまいましたが、
未だにパパがレッスンに付き添いに来ています。

何だかとても、心温まる話ですよね。

親子でピアノが弾けたら、本当に素敵ですね!

親が子供の練習に付き添う?

 

子供のピアノを上手にさせたいのなら、ママは練習に付き添いましょう

神奈川県藤沢市、藤沢駅から徒歩5分にある、
子供の潜在能力を発掘・開花させる、
藤沢ピアノ音楽教室です。

昨日は偶然にも、聖園幼稚園の生徒さんのピアノのレッスンが重なり、思いがけず「わぁラブラブ」と言った驚きが生徒さん同士でありました。

とってもその姿が可愛らしく、微笑ましかったです♪

そんな園児さんたちも、一生懸命にピアノを
練習をしてきてくれました!

生徒さんにピアノを楽しんでもらいたい!

 

そう常に思って指導をしている私にとっては、
生徒さんが丸をもらえていく姿はとても嬉しいです。

何故ならば、

ピアノは弾けるようにならないと楽しいとは思えない

からです。

ピアノを習い始めたころはみ~んな、
とっても楽しそうに、嬉しそうにピアノを弾いています。
でも、それが小学校に入学し、
年齢を重ねていくうちに嫌いになるのは、
次第にピアノが弾けなくなっていくからです。
(難易度が上がるから、という事もありますね)

ピアノを始めた時から意識をすることで、
その後のピアノの続け方や上達が
変わってくる事が幾つかあるのですが、
その一つが練習スタンスです。

ピアノは兎にも角にも習い始めが肝心なのですが、
それは、
何を習うか、
だけではなくて、
どのように学んでいくのか、
という所にもあるんです。

ピアノ ピアノ ピアノ

ピアノが弾けるようになるには練習をする事ですが、
例え「ど、ど、ど。」だけであっても、
必ず毎日練習してください。

この毎日がポイント。

時々生徒さんに言うのですが、
ピアノはレッスンに来るだけでは上達しません。

ピアノのレッスンを受けて、それをどうやって練習に反映させるのか。

それが上達を大きく左右させるのです。

どうか、お間違えの無いように。

ピアノが弾けない一番の原因は指が動かないこと。
1日練習しなかっただけで指が動かなくなった、
そんな経験は誰もが体験しているはずです。

だから、ピアノは毎日練習することが大事なのです!

習い始めの方なら、一日5分でもいいんです。
それを必ず継続させてください。

そして、その時は出来るだけ(本当は絶対と書きたいですが)、
親御さんは練習に付き添ってください。

それが、確実に上達する秘訣です。

藤沢ピアノ音楽教室では、
98%親御さんが付き添ってレッスンに来てくださいます。

…そういえば、以前別の所でピアノを教えていた時も、
ピアノレッスンの親御さんの付き添い率は98%くらいでしたが、
付き添いがないのは小学校高学年以降の生徒さんだけでした。

それは逆に良い傾向でもあるのですが、
その事については又後日、記載しますね。

「親が子供の習い事に興味を示す」

たったこれだけで、子供の気持ちは全く変わります。
これは誰かの本にも書いてありましたが、
とっても大切なことなんです。

「この前よりも上手になったね」
とか、
「今日はレッスンで上手くピアノが弾けたね」
とか、何でもいいんです。

ピアノが上手く弾けなかった日でも
「今日はレッスンに集中してたね。頑張ったよ!」
とか、何でも言葉はかけられると思います。

何でもいいので、声がけをしてください。
そして、お子さんの声もしっかりと聞いてあげてください。

自分の気持ちを受け止めてもらえると、
子供は安心しますからね。

話が逸れてしまって、結局
「なぜ子供のピアノの練習に親御さんの協力が必要なのか」、
という事の肝心なポイントがあまり書けませんでした…

ですので、続きはまた次回、
載したいと思いますドキドキ